• ホーム
  • 20代の感染症の注意事項について

20代の感染症の注意事項について

20代の感染症の注意事項として、無自覚の性感染症に罹患している人が増加しています。
感染のピークは、女性で20代前半、男性で20代後半と言われています。
性器の構造上男性よりも女性の方が注意事項が多いです。
女性の方が感染しやすく、不妊や子宮外妊娠、流産、早産を引き起こすリスクがあります。

性感染症の注意事項として、症状が出るまでの潜伏期間があることです。
そのため、コンドームを使っていない性行為や不特定多数の性行為相手がいる、パートナーに複数の相手がいるなどの心当たりがある場合には感染している可能性があります。
症状としては、性器付近のかゆみや痛み、おりものの色や量が違う、排尿痛がある、下腹物があるなどの心当たりが多い場合にも感染している可能性があります。
ただし、性感染症の場合は、自覚症状がないこともあるため、少しの変化でも見逃さないように注意します。

近年は複合感染も増えています。
代表的なものとして、クラミジアです。
最近の一種であるクラミジア・トラコマティスに感染することで発症します。
適切な治療を受けずに放置していると不妊や流産の原因となり、母子感染を引き起こすリスクもあります。
クラミジアと複合感染しやすいものが淋病です。
淋病も男性に比べると女性の方が自覚症状があらわれにくく、母子感染を引き起こすリスクがあります。

予防としては、コンドームの使用が最も有効とされています。
しかし、コンドームの使用だけでは100%予防できない感染症もあります。
また、自分が感染している場合には、知らないうちにパートナーに移している可能性があります。
そのため、自分だけでなくパートナーも一緒に治療を受ける必要があります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧